『せとうちスタイル』定期購読はオリーヴの森オンラインショップにてお申し込みいただけます。
─小豆島・オリーヴの森は『せとうちスタイル』を応援しています─

地域デザイン No.8 特集 地域文化と地域経営

地域の新たな魅力を創生する。その仕組みとヒントがここにあります。

地域デザイン学会は、グローバル時代における「地域」の可能性を「コンテンツからコンテクストへ」という視点から学際的に研究する団体。本書は同学会が年2回発行する研究論集。
今号の特集は「地域文化と地域経営」。原田保(同学会理事長)ら研究者による5本の論文と研究ノートを収録。「高齢社会における地域保健医療について」「まち歩きと地域デザイン」「まち、ひと、食の関係性と地域デザインの可能性」ほか。新潟県南魚沼市、栃木県日光市、愛媛県松山市の地域デザイン事例を紹介。第2回農業文化フォーラムや日本情報経営学会第72回全国大会の記録も収録。

【目次】
『地域デザイン』第8号の刊行にあたって 03
原田保

巻頭論文
場の論理から捉えたトポスの展開 09
̶身体性によるつながりの場とエコシステムの創造
原田保 宮本文宏

論文1
高齢社会における地域保健医療について 37
島田達巳

論文2
地域情報システム再考:文化と経営の視点から 69
̶新潟県南魚沼市辻又集落の事例を通じた考察
森本祥一

論文3®
デスティネーション・マーケティングにおけるデスティネーション概念の検討 95
藤田尚希

論文4
まち歩きと地域デザイン 115
̶新発見を誘うフレームワークの構築
髙橋愛典

研究ノート1
「日光東照宮」と「日光市」:スピリチュアルゾーンデザイン 133
地域のための神秘、秘教、神話の活用
吉澤靖博

研究ノート2®
「 越境する顧客」との共創による観光地域づくり 147
宮野幸岳

研究ノート3®
まち、ひと、食の関係性と地域デザインの可能性 167
コーヒーのスタイルとサービスの観点から
後藤裕 廣瀬元

研究ノート4®
まちづくり担い手育成プログラム 189
「松山アーバンデザインスクール」の意義と課題
片岡由香 羽鳥剛史 河内俊樹 直井玲子

第2回農業文化フォーラム要旨
農業文化の人・地域づくり 209
原田保 唐崎卓也 平口嘉典 稲泉博己

日本情報経営学会第72回全国大会 (一社)地域デザイン学会共催セッション要旨
地域デザインとコンテクスト転換 235
原田保 庄司真人 宮本文宏 古賀広志

¥ 2,700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

※1,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

ショップの評価