『せとうちスタイル』定期購読はオリーヴの森オンラインショップにてお申し込みいただけます。
─小豆島・オリーヴの森は『せとうちスタイル』を応援しています─

地域デザイン No.10 特集 ゾーンとトポスの共創デザイン

地域の新たな魅力を創生する。その仕組みとヒントがここにあります。

地域デザイン学会は、グローバル時代における「地域」の可能性を「コンテンツからコンテクストへ」という視点から学際的に研究する団体。本書は同学会が年2回発行する研究論集。
今号の特集は「ゾーンとトポスの共創デザイン」。原田保(同学会理事長)ら研究者による論文と研究ノート、また研究会やフォーラムの記録などを収録。

【目次】
『地域デザイン』第10号の刊行にあたって 03
原田保

巻頭論文
地域デザインにおけるアクターズネットワークデザインの基本構想 09
―アクターズネットワークデザインの他のデザイン要素との関係性を踏まえた定義付けと体系化
原田保 板倉宏昭

論文1 ®
鉄道貨物輸送の円滑化に関する考察 45
―大阪府内貨物駅の事例から
福田晴仁

論文2
地域資源とトポスの関係 67
―S-D ロジックにおける資源統合と地域デザイン
庄司真人

研究ノート1 ®
ゾーン・コンステレーション・トポス(ZCT)モデル再考 87
―ダークツーリズムの分析視角による瀬戸内(長島愛生園)の世界遺産登録の事例
古賀広志

研究ノート2 ®
市民活動における地域の価値創出について 107
―名古屋地区の市民活動団体事例によるトポスデザインの考察
今永典秀

研究ノート3
ゾーンとトポスの相互浸透 127
―トポスデザインの観点から
山田啓一

研究ノート4
トポスデザインによる「ふるさと納税」の再構成 149
本田正美

やまなしフォーラムからの提言
山梨県における未来の地域交通デザインへの提言 165
―第2回やまなしフォーラムを踏まえて
青木茂樹 石井信行 後藤晶 今井久 佐藤茂幸 佐々木邦明 申龍徹

第4 回ソーシャルコミュニティフォーラム要旨
地方自治体におけるデータマネジメントの再考 183
―松戸市の安心安全メールを事例として
吉田健一郎 

関東・東海地域部会第10回研究会要旨
都市創造による地域創生戦略の新潮流 191
原田保 石川和男 八鍬幸信 江戸克栄 山田啓一 税所哲郎

日本情報経営学会第74回全国大会 (一社)地域デザイン学会共催セッション要旨
IoT による地域創造戦略 221
原田保 森本祥一 有馬昌宏 本田正美 島田達巳

¥ 2,700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 110円

    全国一律 110円

※1,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

ショップの評価